アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
笑顔の女性

取り外しできます。

インビザラインは着脱が可能なマウスピース型の矯正器具です。
1997年にアメリカの会社が開発し現在では世界の主要各国で販売されています。
その歴史はまだ浅いのですが、これまでに全世界で100万人を超える患者が治療を受けているとの報告もあります。
日本では2006年ころから本格的に矯正歯科に導入されており、人気モデルが使用していることでも知られています。
取り外しが自由にできることから口腔内を清潔に保つことができます。
また、装着していても目立たないことが人気を集めています。

インプラント矯正とは
インプラント矯正とは、新しい矯正治療の方法です。
矯正にかかる治療期間が約半分ほどに短縮ででて、良い結果をもたらすとして注目を集めています。
この治療方法を行っている矯正歯科はまだあまりありませんが、これからどんどん普及していくものと思われます。
この治療方法はインプラントを固定源として使用することにより、歯を確実に移動することが可能になっています。
その結果、治療期間を大幅に短縮することができるのです。

きれいな歯の笑顔

メリットとは

インプラント矯正のメリットは治療期間が大幅に短縮できることと、インプラント固定源とすることで確実な歯の移動が可能になることです。
デメリットは手術が必要になることや治療費が高額になりがちなこと、矯正中は虫歯になりやすくなるなどが挙げられます。
ですから、治療中は今まで以上に口腔内の適切な管理が必要になります。
また、矯正歯科でもまだ珍しい方法のため、取り扱っていない場合もあります。
この方法で治療をと望んでも、近くに可能な矯正歯科がない場合も考えられます。

インビザライン費用
矯正治療の金額は本当に医院によって様々です。
インビザラインだけでなく、従来の矯正装置ですら個々の差が激しく見極めるのは難しいです。
小児用矯正装置や大人用矯正装置によっても大きく分かれ、小児用ですと治療計画の中で一段階目につける装置、二段階目につける装置と何段階かに分かれていることが多く、そのたびに金額がかかってしまうケースもあります。
インビザラインは医院で作らず、外注している為そのぶん費用が高くなっています。
しかしこちらは一度収めてしまえばその後金額がかかることはないことが多いです。

ネクタイを締めた医師

矯正歯科の費用

矯正装置は多種多様の装置により、金額も様々です。
もちろん医院によってもかなりの差があります。
小児用矯正装置であれば、歯科医師が直接作る場合もあり、その場合は金額が抑えられています。
しかしほとんどが外注である為に、十数万という金額が請求されるケースが多いです。
矯正歯科をされている医院では無料カウンセリングを設けているところが多く、カウンセリングを多数回っている患者様も多数存在します。
それだけ医院によって同じ装置であっても金額が違うということなのです。

インプラントの費用
インプラントの費用も医院の設定によりまったく異なります。
インプラントは手術を受けるので、気軽に安いからと決めることは難しいです。
価格はまちまちですが、プランも種類もインプラントは多く、日本製なのかそうでないのかということだけでも金額が変わってきます。
土台の金額と白い部分の金額を組み合わせて決めることが多く、土台は日本製で白い部分はこの材料にするという感じで選んでいきます。
インプラント治療は手術の内容も金額もその後のメンテナンスも重要ですので、医院によってのプランをしっかり見極めなければなりません。